―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――

コスメ女子の美肌ネタぶろぐ

トップページ > 梅雨ってカビが増えやすい季節ですよ

―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――

ページの先頭へ

梅雨ってカビが増えやすい季節ですよ

梅雨ってカビが増えやすい季節ですよね。



人の肌には常在菌というものがいます。高温多湿な環境ではこの菌も増えるのが当然でしょう。


中でも、マラセチア菌(真菌)が悪さをすることによって発症する「でん風」と呼ばれる皮膚の病気は、これは顔、腕、足、おなか、背中。


つまり、どこに出る可能性もあり、なのです。皮膚が茶色くなり、シミのようになるでん風や、白い斑点のように色が抜けてしまうケースも存在します。

違和感を感じるようなシミを見つけたら、皮膚科を受診された方がいいかもしれません。シワ対策として、簡単で効果が期待できるものといえばおそらくパックでしょう。
一日かけて溜まった肌の疲れをとるための有意義な時間です。



自家製パックを作ってみるのも、たまにはいいかも知れません。
市販のプレーンヨーグルトに小麦粉をいれてパックできる固さに調節し肌に定量のせて、しばらくの間パックを楽しみましょう。



冷たいヨーグルトが毛穴をひきしめて、その成分が美白、ニキビ予防、保湿などの働きをします。ですからきっとシワにも効いてくれるはずです。



毛穴、特に鼻の毛穴に角栓が目立っているととても気になってくるものですよね。
だからといって、顔を洗う時などに無理やり取り除こうとすると、かえって肌を傷つけてしまう場合もあるので、それはお薦めできません。



ピーリング石鹸を使ったりして角栓を優しく取り除くといいでしょう。
ただし、使い過ぎるのは逆効果となるので、週に一度から二度の使用にしておいて頂戴。


肌荒れに効果的なスキンケアのやり方のポイントは、顔を洗うことと潤いを保つことです。
洗顔に関する注意(してくれる人がいるうちが花だといえるでしょう)点ですが、とにかく肌をこすらないことに気をつけるようにして洗顔して頂戴。


顔をちゃんと濡らしてから、しっかり泡立った洗顔料をのせて、泡で洗顔するようしてみて頂戴。

洗顔料が残留しないように、ちゃんととすすぐことも大切です。肌にオキシドールを使用してシミ取りをするなんて話を小耳にはさみましたが、傷を消毒するために開発されたオキシドールを、健康なはずの傷のない肌に用いるのはすごく重荷になるのではないでしょうか。オキシドールを用いてヘアブリーチを試された方も多いと想定されますが、一発で髪に深刻なダメージが出ます。

どう考えても、肌にや指しいとは思えません。

日焼けした肌って、明るくて活動的な印象を演出するのに効果的ではあるものの、肌を焼きたいけどシミができるのは嫌という女性ならではの悩ましい一面があります。もし、シミとは無縁でいたいなら、常日頃から気をつけて、お肌を焼かないようにするしかありません。シミ予防のポイントといえば、日焼け止めを入念に塗ること、そして、帰宅したら速やかに専用のローションなどで炎症を軽く済ませましょう。食事と美しさは密接に関係していますので、年齢を逆行させる効果のある食品を喫する美肌を保持することが豆、ゴマ、玄米、海藻、野菜、魚、シイタケ、イモ、ヨーグルトなどや色がはっきりしている野菜の中で摂取することでいつまでも若くいることができます。お肌にシミが多いと、年をとって見えてしまうでしょう。そもそもシミとは何なのかというと、表皮の細胞の内に生成されてしまったメラニン色素が表面から剥がれることなく蓄積されたものです。



肌のターンオーバーを促進することで少しはシミを目たたなくすることが可能となるのですが、ピーリングをして溜まった角質を落とすと、さらに効果がアップします。

ただし、過剰なピーリングを行うと、お肌の負担となってしまう危険性もあります。
お肌のくすみを引き起こす要因として、糖分を摂りすぎていないか考えて頂戴。甘いものをたくさん食べる生活がつづくと、どんな化粧品を使っていても黄色いくすみや、シミが目たつことがあるのです。


コラーゲンと糖が結合し、働きが弱くなっている疑いがあります。コラーゲンと糖から、老化の原因となる物質ができることをコラーゲンの糖化と呼んでいます。全身の老化を加速させないために、糖分の摂りすぎには注意(してくれる人がいるうちが花だといえるでしょう)して頂戴。

肌の悩みで最も多いのは水分(動物は水分をこまめに補給しないと、脱水症状になってしまうといわれていますね)不足ではないでしょうか。カサつきはとてもやっかいで、そこで、誘発されてしわが出来てしまったり、荒れた肌の原因になるのです。そこでお試しいただきたいのが、お風呂から出たらすぐ化粧水をつける事です。肌が最も乾燥しやすいのはお風呂上りですので、化粧水を10秒以内につけるのがあるべきケア方法です。

関連記事

メニュー

―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――

メニュー

Copyright (c) 2014 コスメ女子の美肌ネタぶろぐ All rights reserved.