―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――

コスメ女子の美肌ネタぶろぐ

トップページ > 皮膚のスキンケアを丁寧におこなう

―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――

ページの先頭へ

皮膚のスキンケアを丁寧におこなう

皮膚のスキンケアを丁寧におこなうか否かで、スキンケアの効き目の大きな差が出ます。お化粧ののりがうまくいくかどうかも素肌の具合で決まってきます。
お肌の状態が良い状態で保持するためには、手を抜かずにお手入れをおこなうことが肝心だと思います。



お肌にとって意外と危ないのは、過酷な夏が終わってホッと油断している秋口から冬、それと時節の変わり目で、この時期、お肌の乾燥注意報が心の中で鳴り響いています。

気を付けていないと、いつのまにか目の周りはひどいちりめんジワで覆われていますし、ひどくなると乾燥が進んで赤く腫れる場合持たまにあります。

これらの危険な時期、スキンケアは特に念入りに行っているわけですが、基本の化粧水や乳液でのケアだけでなく、とうとうオイルを試してみています。
お肌に使うオイルはなるべくならいいものを、と考えていますが少し前まではホホバオイル、今はココナッツオイルを使ってます。一日2リットルの水分を欠かさないことが全身の健康を保ってくれるでしょう。



お肌のためにも、十分水を摂らなくてはなりません。


水分不足はお肌の血行不良を招きます。

老廃物がお肌にたまるので、お肌のくすみやシミが目立ってしまいます。

それに加えて、肌全体が乾燥してしまい、くすみだけでなくシワやほうれい線も増えて目立ってきます。
常日頃から水分不足には気をつけて頂戴。シワの対策として、簡単で、効果の高さが期待されているのはパックでしょう。



一日のオワリのパックの時間は安らぎの時間ですね。
安価で、簡単に創れる手作りパックもあります。ごく普通のプレーンヨーグルトに小麦粉をいれてパックできる固さに調節し肌に定量のせて、しばらくの間パックを楽しみて下さい。ヨーグルトの成分が美白や保湿の効果を肌に与え、冷たさで毛穴も引き締めてくれますしシワ予防にも効果が期待でき沿うです。

元々、アンチエイジングとは加齢と戦う抗加齢ということで、若返りと勘違いされがちですが、ただの若返りではなくて加齢を遅くさせ、実際の歳より若々しく見せるというようにというのが適切な見解です。現在アンチエイジングというものは、基礎化粧品だけではなく、サプリおよびホルモン治療の世界にまで進化していっています。
メイク直し、外出先のショーウインドー。女性(戦後強くなったなんていわれますが、逆に男性が弱くなったのかもしれません)が自分を見る機会は多いものです。そこでふと、バッドな状態に気づいたら、食生活を見直してみてはどうでしょう。
基本的には、身体に良いものを摂り、悪いものを避けるだけで、素肌が回復してくるのがわかるはず。皮膚細胞の再生サイクルが良くなるので、シミやシワの改善にも繋がります。



皮膚も身体も食事によっていかされていますから、毎日の食事にはアンチエイジングの基礎としての面があると捉えると、積極的におこなえるのではないでしょうか。確実に効果が得られ、つづけやすいという点でこれほど良いものはありません。

くすみのない透明感のある明るいお肌に生まれ変わりたいという方は顔の洗い方で改善する可能性があるでしょう。

メイクでもナカナカ隠せない毛穴にたまった角栓がくすみの原因なのです。睡眠不足や食生活などが乱れると肌のターンオーバーがスムーズに行われなくなり、古い角質は排出されずにたまってしまいます。
沿うならないような洗顔の方法としては、ぬるめのお湯を使って、肌をみずみずしい状態に保てるよう保湿成分のある洗顔料でたっぷりと泡を作って、その泡で洗いて下さい。
週一回くらいは古い角質を取り除くことができるピーリング石鹸を使用すると効果倍増です。
メイク落としや洗顔後の、そのたったの10秒間がスキンケアの大きなチャンス(ここぞという時に十分に活かすためには、常日頃の努力や準備が大切です)タイムだということを知っておきて下さい。

お風呂やシャワーを使った後や洗顔フォームや洗顔石鹸などで、しっかりと洗顔をした後の肌は、なんでも吸い込む、乾ききったスポンジのような状態になっています。
短くて重要なこのラッキータイムに何もしない、というのはただただ勿体ないことですし、貴重な時間を無駄にしているのですから、それも肌へのダメージではないでしょうか。顔を洗った後は、タオルでゴシゴシなんてことは止めておいて、さっと水気がとれたら、肌にたっぷりと化粧水を吸わせてあげてほしいです。



肌が敏感なので、ファンデーション(類似品として、ドーラン、コンシーラー、フェイスパウダー、水おしろいなどがあるでしょう)のチョイスには気を使います。刺激が激しいものだと細かい発疹が出来てしまい、直ちに痒くなってしまいます。

その為、必ずカウンターでサンプルをもらってテストしてから購入するようにしています。直近にかったクリームファンデーション(類似品として、ドーラン、コンシーラー、フェイスパウダー、水おしろいなどがあるでしょう)は肌に適しているようですが、今後もしっかりと試して買いたいと考えています。
お肌のトラブル、その中でもかゆみの原因は皮膚炎やあとピー性皮膚炎なことも少なくありません。



でも、肌の乾燥が原因だということ持たくさんあるのです。


特に日本は冬に乾燥しがちですから、テレビで乾燥肌のかゆみ用クリームのコマーシャルをよく見ます。これらを使用すると、かゆいのが治ることが多いですが、長く治らないなら皮膚科を受診することを奨励します。

関連記事

メニュー

―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――

メニュー

Copyright (c) 2014 コスメ女子の美肌ネタぶろぐ All rights reserved.