追加に自動車保険
追加に自動車保険
ホーム > 健康 > 妊娠中の便秘を解決するルーティンとは?

妊娠中の便秘を解決するルーティンとは?

赤ちゃんがお腹にいるからといって高級なものを使った料理を摂取しなければならないということではありません。

 

 

インスタント食品や外で食事を済ませたりせずに人工的な添加物がなるだけ少ない食材でつくる手料理の食事を多めにしましょう。そうはいうものの調理する気力のないときはあると思います。その際は市販の調理した食品も上手く活用して負担の少ない食生活にしましょう。

 

でも、日頃の食事にも増して栄養のありそうなものをしっかりと補給するよう気をつけましょう。

 

 

 

貧血ではママ側の心臓がしんどくなり、動悸と息切れの原因になったりします。めまいと立ちくらみも症状の一つです。

たちどころに疲れが出て、だるさも感じたり、青白い顔色になります。

例え、貧血になったとしても、直ちに胎児の成長にダメージが及ぶことはありません。

 

でも、あまりにながく貧血が続くと、お腹の赤ちゃんの成長にも支障が出ますし、それにママの健康も損なわれます。生理のある女性については、妊婦でなくとも、貧血の人が多い傾向があります。妊婦に限ると、30~40%は貧血という診断が出ます。妊娠していると、胎児は自らの血液を生成するのにママの体内の鉄分を必要とします。

 

そのようなわけで、ママ自身の鉄分が足りなくなることがあります。

 

このような症状を鉄欠乏性貧血と称されています。妊娠期の28週から31週の間に多いようです。

嘔吐で苦しい時は、体内水分が不足してしまうことがあります。水を摂取してください。

 

 

ごくごく飲むのが無理なら、ちびっとずつ飲むようにしてください。スッキリ感のあるレモン風味などの味のする飲料がよいでしょう。

 

妊娠が発覚したらこれまでより1,2時間は多く寝るようにしてください。昼間に少し休息をとるといいでしょう。

 

 

妊娠悪阻の症状がひどいなら、お腹の赤ちゃんの栄養面はまだ心配ないので、つるんと喉に通る食物をいけそうなときに口に入れるようにしましょう。

 

 

 

同居者もつわりのひどいマタママの近くでは、ニオイにクセのある食事は控えめにする気遣いが大切です。

 

 

 

さらに理解ができない現象ですが、自分の手で調理したものより誰かに作ってもらったもののほうが食べられることがあります。つわりが生じている時は起き掛けの胃が空っぽの時に体調不良に変わるのが珍しくありません。

 

 

枕のそばにキャンディーなど軽く口に入れるものを置いといて、立ち上がる以前に少量お腹に入れるならムカつく状態もいくらかなくなります。

 

日中も腹減りが続くのに注意していつも軽く食べておくといいみたいです。例えば唐揚げや魚類は難しくても冷した食べ物やスッパさのあるものはスッと食せます。

便秘によってお腹が苦しくなったり、ムカついたり、放屁をしてしまったりします。

 

そして悪阻と便秘のダブルパンチで、なお食べられなくなります。

 

 

 

そして、便秘は痔につながることも少なくありませんから、お通じを良いものにしましょう。

便秘対策としては、トイレを我慢しないことです。

 

出る出ないに関係なく一定時間にトイレに座るようにルーティンをつくりましょう。

 

 

妊娠中は便秘になりやすい傾向があります。

盛んに放出される黄体ホルモンによって大腸の働きが鈍ることや、増大する子宮の大きさに直腸もつぶされ、本来の働きが難しくなるためにどうしてもスッキリできないのです。妊娠した喜びの反面の不安など精神面の状態も関係しています。

 

 

 

運動をしなくなりがちなのもお通じの不調につながります。DHAのサプリで妊娠中に向いているもの