追加に自動車保険
追加に自動車保険
ホーム > 健康 > 妊娠中の貧血を長期に放っておくのは危険

妊娠中の貧血を長期に放っておくのは危険

貧血により母側の心臓は大変になり、心臓がドキドキしたり、呼吸がきつくなったりします。めまいと立ちくらみも症状の一つです。

すぐに疲労を感じ、だるくなったり、青白い顔色になります。

妊娠中の貧血が生じたとしても、すぐすぐ赤ちゃんの成長に支障はありません。しかし、長期に貧血が改善されないままだと、お腹の赤ちゃんの発育も妨げられる恐れがあります。

 

 

それに母体の体調も深刻になることがあります。

 

 

女性は必ず生理を経験するため、お腹に赤ちゃんがいなくても、貧血の人が多い傾向があります。

 

 

妊婦に限ると、30~40%は貧血という診断が出ます。

 

妊婦の場合は赤ちゃんが体内で自分の血液をつくろうと母体から鉄分を得ようとします。

そうなると母体のほうは必然的に鉄分不足になります。

 

こうした状態は鉄欠乏性貧血と付けられています。妊娠期の28週から31週の間に多いようです。便秘でポッコリお腹になったり、ムカッとしたり、お尻からガスがよく出たりします。中でもつわりと便秘が重なると食欲も一層出ません。加えて、お通じの悪さから痔になるケースも多いですから、スッキリとした便通を目指しましょう。便秘を防ぐには、便意があるのにトイレを我慢しないことです。

 

 

 

毎日時間を決めておいてとにかく便器に座るような日課を守るといいでしょう。妊婦の多くは便秘気味になります。盛んに放出される黄体ホルモンによって大腸の働きが鈍ることや、拡大した子宮の直腸圧迫によって、運動が制限されていくためだとされています。

 

妊娠からくるプレッシャーなどメンタルな要素も影響します。

 

 

 

体を動かす時間が減っていくこともお通じの不調につながります。

 

一生懸命になっているときは、つわりの苦しさもいくらかやわらぎます。

 

 

勤め人なら、働いているときは症状を緩和できます。そしてカラオケをしたり、楽しくおしゃべりすることなどは、きつさも感じにくくなります。

外に出るなら気分もよくなるかもしれません。

 

 

 

景色の良い場所などで、くつろいでいると気持ちも晴れます。

つわりで体の動かないときは、今はお腹の赤ちゃんの栄養に悪影響はないので、喉の通りがいいものをいけそうなときに口に入れるようにしましょう。周りの人もつわりでキツイ人の近くで吐き気につながりそうなものはどけておくという注意をしましょう。それから理由は不明ですが、自らの手作り料理より買った食品のほうが食欲が刺激されてはいります。

 

吐き気がおさまらないようなときは、体内の水分が失われるかもしれません。水分の補給を忘れないでください。

 

 

いっぺんに飲めそうにないなら、少量に分けて飲んでください。

グレープフルーツのようなサッパリした味のする飲料がよいでしょう。妊娠が発覚したらこれまでより1時間は睡眠時間を増やしてください。

 

 

短時間日中に休むのもよいです。

つわりが生じている時は起き掛けの胃が空っぽの時に体調が悪化することがよくあります。

 

 

 

ベッドの横にチョコレートなど軽く食べられるものを準備して、起床前に軽く口にするならムカつく状態もいくらかなくなります。動いている間も空腹感が強くなるのを避けいつも軽く食べておくといいみたいです。そしてフライや刺身は食べられなくても冷した食べ物やスッパさのあるものは意外に食欲が湧くようです。妊婦の便秘に効く青汁はどれ?