追加に自動車保険
追加に自動車保険
ホーム > 健康 > 驚くべき子供の脳の成長と栄養の関係

驚くべき子供の脳の成長と栄養の関係

子どもの脳というのは幼児期に大人の脳の85%程度にまで発達します。

その先は使う程度によって段階的に発達し、筋肉を鍛えて強くするのと同じように、知的トレーニングを行うことでステージが上がっていきます。

 

特にカルシウム・ビタミンB1などの成分は脳が十分に回転するのに欠かせない栄養です。

 

 

 

さらには話題の成分であるDHA・EPAというのは脳内で情報の伝わり方を促進するように働きかけることが多く研究でわかりました。海藻は野菜と同じぐらいにミネラルやビタミンなど身体に欠かせない成分を豊富に蓄積しています。

さらに白血球の作用を高めて、癌・糖尿病などの病気の予防に役立つ成分があり、免疫力をアップさせる効果のある食材です。海藻に含有される食物繊維は水に溶けやすい性質があります。

腸内の乳酸菌などを増殖させて、大腸の働きを活発にして、脳神経の健康にも役立つビタミンB群を活発に生み出すなどなくてはならない効果を発揮しています。DHAサプリは子供の脳にいいらしい

海藻には動脈硬化の防止や治療に効果のある不飽和脂肪酸が多く含まれます。中でもDHAについてはよく知られるところとなっています。

 

 

これは幼い子の知能の生育に有益な効力を持つと言われているものです。海藻にこれほどの栄養素が含有されるのは、海のもつ栄養分をふんだんに溜め込んでいるからです。たっぷりの海藻料理を普段からよく食べて、海洋のエネルギーを体に取り込みましょう。

 

成長途上の子にとっては栄養面の適正な食べ物をふさわしい時間帯によく噛んで食べることが大事です。ところが、過度に食べ過ぎると、もともと身体が求める滋養分の適切な構図が破壊されることがあります。

一つの幼稚園では自分の分のご飯を自分でよそわせ、自分が食べられる量について感覚としてつかむよう教えていますが、とても感心しました。

 

 

 

現代に生きる子供らは身長も高くて手や足の長さも長く、古い時代の人より恰好が良いです。この原因は糖質をよく食べる和の食事習慣から肉をよく食べる欧米人の食習慣に日本全体が寄せていったからです。ところが、糖尿病や高血圧といった昔ならあまり日本人には多くなかった病気が急増しています。より気にかかるのは子どもたちのメタボや生活習慣病もどんどん多くなっていることです。お子さんの身体を育てるのが食べ物です。

 

食物の健康効果というのは、薬を超えたものになることがあります。

子供の日々食べているものこそが発育の状態にも小さくない影響があります。周囲にいる親を含めた大人たちがその事の重大さを認識しておかなくてはなりません。

 

食物は病気にならない体をつくるのにひとかたならぬ効果を示しますし、頭脳明晰な子に育つうえでもカギとなります。

 

 

 

野菜類の栄養の代表といえるビタミン類には、他の栄養素の代謝を支える、体内の生理現象を調整するなどの重要な役割があります。体内の細胞のひとつひとつに力を付与し、病気に打ち勝つ免疫力を維持するために、絶対に欠かしてはいけない栄養といえます。レタスやトマトなどの野菜とかオレンジやイチゴなどの果物に含有されるビタミンは免疫のカギである白血球の働きを強化します。

野菜の栄養としてミネラルも忘れてはいけません。

 

ミネラルというのは体の構成元素であるとともに、食べたものを消化し分解すること、老廃物を排泄すること、エネルギーを作り出すことなど体の働きをちょうどよく維持する効果をもちます。

そして野菜には便秘を防ぎ、腸内をきれいに掃除してくれる食物繊維がたくさん含まれることを忘れてはいけません。この種のものは体の中では生産できませんから、食事によって摂取することが大切なのです。