追加に自動車保険
追加に自動車保険
ホーム > 健康 > 血糖値を下げるにはただ食事の量を減らせばよいというわけではない

血糖値を下げるにはただ食事の量を減らせばよいというわけではない

ただ、食べる量を減らせばいいわけではありません。

 

 

 

1日の運動や行動に適したエネルギーは体の大きさや活動する量によってによって人それぞれ異なります。

 

 

 

すなわち、自分に合った総エネルギー量を合算していつもの食事量が個人の最適なエネルギー量を覚えておく必要があります。脂肪がぽってりとつきすぎてしまった人は、体についてしまった脂肪を落とすように努力をしましょう。

 

アクアビクスなどの有酸素運動を取り入れて脂肪を徐々に減らしていきましょう。

 

 

また、筋肉を増やすことで基礎代謝そのものが上がるので、より脂肪が燃焼しやすい体になります。

 

 

またダイエットで過度に偏った食生活を続けることは体に大きな負担がかかり健康を害することもあるので注意しましょう。

インスリンが何度も多量に出ている状態は食欲が増幅され、脂肪の吸収や合成を高め、その吸収を促したり、さらに脂肪組織に溜まった脂肪が分解しづらくなるなど、脂肪が頑固に溜まります。

 

 

 

なぜなら一度インスリンが過剰になるとさらに過度な食欲や肥満が加速していき血糖コントロールが出来なくなる負のサイクルに陥ってしまします。食事から摂取した脂肪は、脂肪酸に小腸で分解されてから、肝臓に運ばれていきます。

ですが、糖分や脂質を摂りすぎることで、肝臓に運ばれる脂肪酸が増えていくと、脂肪酸によって肝臓で作られる中性脂肪が徐々に肝臓に溜まっていきます。

健康な肝臓にも3~5%の脂肪が含まれていますが、その脂肪が5%より多い場合では脂肪肝になります。

下肢に現れる代表的な合併症は、血流が滞り、体の神経が鈍る糖尿病神経障害というものです。

 

 

糖尿病神経障害が起こることで足に痺れ、違和感を覚えたり、ほてり、こむら返りなどの症状が感じられるようになります。

 

 

 

また、足の感覚は鈍くなってしまうので、足に怪我をしやすくなったり、足がつりやすくなる傾向がみられます。

 

 

 

人が活動するにはエネルギーを必要としますが、筋肉は血液中の糖を利用してエネルギーに変換します。

 

 

 

血糖値を低下させる効果があります。

 

 

ですが、運動不足の状態ではエネルギーの消費が少なくなり常にエネルギーが過剰になりインスリンを大量に生成するため膵臓が働き過ぎて疲労してしまいます。糖尿病は親子間で遺伝すると周知されていますが、発症は遺伝だけではありません。

今までの生活習慣による後天的な影響でいつか糖尿病になる可能性があるということもあります。

 

 

というのは、味の濃い食事が好きな人は、同じ量であってもカロリー過剰になりやすい傾向にあります。

毎日の食習慣が問題になります。食器のサイズを小さめに変えて料理を盛ると、少量であっても満足感を得られやすくなります。でも、大きめな器に盛ると、料理の量は同じでも少なく感じてしまうので器選びも注意をすると良いでしょう。肉や魚などを料理する時には、できるだけ油の使用を控えましょう。

 

 

茹でたり、グリルを使ったり、電子レンジを使って蒸し料理にしてみるのがお勧めです。血糖値を下げるサプリが新発売