追加に自動車保険
追加に自動車保険
ホーム > 健康 > 赤ちゃんのうんちを理想的に近づける方法

赤ちゃんのうんちを理想的に近づける方法

赤ちゃんが毎日理想的なうんちを出してくれたら、親としても安心できます。

 

大人でも快便は元気な証拠と言われますが、赤ちゃんも同じです。

 

理想的なうんちを出しているということは、心身ともに元気にすくすく育っている印なのです。

 

ところで、赤ちゃんが理想的なうんちを出すためには、どんなところに気をつければよいのでしょうか?

 

それは腸内環境です。

 

理想的なうんちは、理想的な腸内環境から生まれます。

 

腸内環境は善玉菌と悪玉菌という細菌のバランスによってつくられています。

 

善玉菌というのは、人間の体にとって有益な働きをする細菌の総称で、この善玉菌が多いほど、腸はよく働き、免疫力も高い状態に保たれることが知られています。

 

ですから、いいウンチを出して健康な状態を保つには、善玉菌を腸内にいっぱい増やして、良好な腸内環境をつくることが大切なのです。

 

逆にウンチが硬すぎたり、やわらかすぎたり、下痢や便秘が続いたり、元気のない時の色が続くようであれば、それは赤ちゃんの腸内環境に少し心配なところがあるかもしれません。

 

赤ちゃんの便秘に白湯を飲ませる理由

 

新しい大切な命である赤ちゃんが毎日を健康に過ごしてほしいのですが、しかし赤ちゃんというのは大人と違い病原菌への耐性がないことから病気のリスクを考えなければならないといえます。

 

 

 

その中でも特に赤ちゃんに対して気をつけなければならないのは便秘であり、この便秘とは便が出ない状態が数週間以上続くこと症状です。

 

 

 

この便秘は大人でも起こることですが歩行による腸の運動や体が出来上がっていることでの腸内細菌の善玉菌での耐性など便秘に対しての対応ができます。

 

 

 

しかし赤ちゃんの場合には寝たきりによる腸の運動ができないことに加えて腸内細菌が無いため便秘への耐性がないのです。

 

 

 

そのためこの状態になると長引いてしまう以上に、その便がたまることで便の毒素によって発熱やおう吐などの症状を引き起こすため注意が必要です。

 

 

 

この赤ちゃんにおいては大人の薬を飲ませるのはできないため、その他の対処法としては白湯を飲ませるという方法があります。

 

 

 

この赤ちゃんの便秘に白湯を飲ませる理由としてあげられるのは、この症状は主に便と腸の中に水分がないことで引き起こされるものです。

 

 

 

大人であれば先に言ったとおりに薬によって排出することができますが、この年代ではこの症状に対応した薬はあっても薬の副作用が強く出過ぎる場合があります。

 

 

 

そこで白湯だけを飲まさせることで腸内と便に適度な水分を含ませることができるため、この薬に頼ることがなく体への負担と副作用を起こさせないでこの症状の改善に役に立ちます。赤ちゃん オリゴ糖 虫歯