追加に自動車保険
追加に自動車保険
ホーム > > いい板金屋の傾向

いい板金屋の傾向

いい板金屋さんにめぐり合うのは、正直難しいです。

また、板金というのは、「職人の腕」で仕上がりが変わります。

 

腕が悪い職人の場合、修理した直後は綺麗でも、数年すれば色褪せが出てきたりする、というケースも多いです。

 

では、どういった部分で判断できるでしょう?

内部事情がわからないと、なかなか難しいのですが、、、

 

①塗装ブース、環境がきちんと整えられている工場

これは、板金に力を入れているということですので、当たり前ですね。

 

②修理待ち、完了の車が多い(高級車や外車、新車の割合が多い)

ディーラーの下請け、ということで、高級車や外車を預けても、仕上がりに信頼されているということです。

③職人わけがされている

板金、塗装、ともに経験が多いほど腕が上がるものです。

ですので、「板金専門」「塗装専門」の職人がいるところは、基本的にいい仕上がりになることが多いです。

 

なかなか上記のことを素人が見極めることは難しいです。

正直、「ディーラーの下請け業者」は、いい板金屋であることが多いです。

もちろん、なかなか教えてもらえないものですが、もし知人に車業者の方とかがいれば、そういった方は、いい板金屋についての知識も持っているものですので。ぜひ「いい板金業者」を教えてもらってください。

車検についてはこちら